2015年07月26日

現場便り@佐賀県鳥栖市K様邸

熊本県内でも心配されていた台風12号。
日中は雨も降ることなく、風もそよそよとして心地よい一日でしたface01
台風明けは、さすがに梅雨が終わるでしょうかface11

さて、これからハンドカットログハウスとポスト&ビームログハウス建築を行います。
建築地は佐賀県鳥栖市、180坪ある開放感ある場所です。完成後には花屋さん兼住居とされますicon113

現地では、先週より造成工事が始まりました。



ここにハンドカットとポスト&ビームログが建つと、注目浴びること間違いなし!


御船町の吉無田にあるフォレスト・ブルーのログサイトにも原木の第一陣が到着しました!



弊社でハンドカットやポスト&ビームログハウスで使用する材は、国産杉丸太です。
平均30cmほど、今回は約200本ほど使用します。

ハンドカットログハウスとポスト&ビームログハウスは、
ログビルダーが原木の皮を1本1本剥き、チェーンソーで加工していく所から行っています。

ハンドカットの場合、加工した後は一度ログサイトで仮組みをし、仮組みの完成後に解体、現地へログ材を運び入れ本組みしていきます。
ログ材はログサイトで加工を済ませた状態なので、現地では2,3日で組みあがりになりますface01

ポスト&ビームはポスト(柱)とビーム(梁)に丸太や角材を使用し、軸組工法をベースとしたログハウスです。ハンドカットと同じく丸太や、または大きな角材を使用しますが、丸太組み工法であるハンドカットログハウスとはまた違った仕上がりとなります。

加工の様子から、今回もご紹介していきますのでお楽しみ!

PS
社長(ホンダ)が「これからは動画も必要だ!」と強く強く言っています。
youtubeなど、動画でもログハウスづくりの様子も出していければ・・・と思いますicon21

wrote:クニオカ



  


▼九州のログハウス建築・施工はフォレスト・ブルーへ。ログハウスを愛してやまないスタッフにお任せください!!
http://www.forestblue.co.jp/

Posted by 株式会社フォレスト・ブルー at 19:18Comments(3)