2017年03月30日

現場便り@熊本県上益城郡M様邸

熊本県御船町で建築中のM様邸ホンカ・ログホームの進捗状況です。
外観の進行の様子をお伝えしますface01

2月末より建方が始まっています。
↓3月初め、棟が上がり屋根工事のころ。


↓屋根は陶器瓦で施工しました。メンテナンス性や耐久性を考慮し、長い目で見るとやはり陶器瓦をおすすめさせて頂いています!
瓦は地震に弱いイメージをお持ちの方が多いですが、適切な施工をされていれば被害はかなり少ないはずです。熊本地震の際も、弊社での瓦被害はほとんどありませんでした。弊社モデルハウスも8寸勾配の大屋根タイプのホンカ・ログホーム(アウリンコ)ですが、地震で瓦が落ちたりズレもしていません(最大震度6弱・6強ほどでした)



↑妻壁を仕上げていきます。
↓外壁が出来上がったら塗装工事が始まります。M様邸では弊社モデルハウスと同じカラーリングをお選びになりましたface02外壁はティックリラのブルーグレー系のお色です。実際壁に塗ったのを見ると、カタログで見るより明るくなるように感じます。カラー数が多いので、施主の皆さまも配色を考えるのは時間が掛かるのではないでしょうか?塗り替えの場合もですね。しかしカラーを考えるのも楽しいものです♪
下地を塗り、その上に2度塗りされます。現在も塗装工事は進行中ですicon09



wrote:クニオカ  


▼九州のログハウス建築・施工はフォレスト・ブルーへ。ログハウスを愛してやまないスタッフにお任せください!!
http://www.forestblue.co.jp/

Posted by 株式会社フォレスト・ブルー at 14:21Comments(0)