2015年06月29日

現場便り@大分県臼杵市O様邸

大分県臼杵市でスキャンディーホームの建築工事が進行中です。
外部内部ともに、随分と仕上がってきました!

外観は木目調ホワイトベースの壁に、赤系の建具と2色使い。淡い雰囲気なホワイトの壁を建具の濃い色がキュッと締めてくれています。

建具周りにはケーシングが入りました。
ケーシングが入ると凹凸が出てくるからかメリハリを感じてきますface01
ケーシングは木製で、ホワイトで塗装していきます。



内部です。壁、床、天井とパイン材を使用しています。
室内は一見するとログハウスと見まがいます!

スキャンディーホームでは外部の木製窓やドアといった建具やパイン材など北欧から輸入しているのですが、階段も北欧から来ています。
木製の階段、滑らかな曲線は優しい雰囲気で、建具同様、気に入られる方は多いですよface01


建築中には施主のO様も進行の様子の確認に現場へface02
現場での打ち合わせも行いながら、工事を進めていきます!

お家の前で記念撮影されるのは奥さまと奥さまのお母さまface02

O様邸の建築に入っている小寺棟梁は、奥さまご実家のログホームも建てられましたので、今回は親子2代に渡る建築工事となりますicon12

徐々に完成に近づいてきたスキャンディーホーム。完成が待ち遠しいです!

wrote:クニオカ  


▼九州のログハウス建築・施工はフォレスト・ブルーへ。ログハウスを愛してやまないスタッフにお任せください!!
http://www.forestblue.co.jp/

Posted by 株式会社フォレスト・ブルー at 16:05Comments(0)