2015年04月04日

現場便り@長崎県大村市K様邸

月初めより、元スタッフの奥田さんが10年ぶりにアメリカから一時帰国中ですicon59
さっそくログオーナーさま宅へも行かれています
(アメリカでは工務店をされている奥田さん。ハンドオーナーのI様邸ではデッキ補修をされてきたとかicon194
日本にいる間、オーナーさま宅へ行かれる予定とのことですよ~face02
昨日はモデルハウスに来られましたが、10年ぶりでつもる話に花が咲いていましたicon23


さて、長崎県大村市で建築中のホンカ・ログホーム「キエロス」
今週、足場が外れ、完成に近づいてきていますface01




△外部塗装は建具周りがあと少し。
他、外部は両開きドア、勝手口ドア部分を囲むようにデッキを設置します。
デッキができると、さらに迫力が増しますicon14



△内装、造作工事も進行中です。
ログハウス、特に大屋根ロフトタイプのログは収納場所が少ないのでは?と気にされる方も多いと思います。
プラン作成時に、収納を多くプランニングしておくと安心ですよね。
また、デッドスペースを利用して収納を造ることも可能です。

K様邸でも収納をこれから製作していきます
▽2階居室

▽階段下


完成まであともうひと踏ん張りです!

wrote:クニオカ  


▼九州のログハウス建築・施工はフォレスト・ブルーへ。ログハウスを愛してやまないスタッフにお任せください!!
http://www.forestblue.co.jp/

Posted by 株式会社フォレスト・ブルー at 17:03Comments(0)